エキサイトブックス
以前の記事
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
more...
Fw:明日Blues AlleyにてLIVEがあります。その2
文が長すぎで入らなかったので第2弾行きます。


ドラムス 宮田繁男さん 高校1年生のとき、アマチュア・バンド“ミスター・アフガニスタン”を結成。当初はベースを担当していたが向いていないと感じ、“ちょっとやらせて”とドラムをやってみたところ最初から16ビートが叩け、「あ、俺はドラムだったんだ」と思い、以降ドラムを担当することになる。当初はアメリカなどをコピーしていたが、宮田がドラムを担当してからはデビュー前のシュガー・ベイブをコピーし、ハネたグルーヴを得意とするようになった。 青山学院大学入学を機に上京、音楽サークル“Better Days”に入る。宮田が大学1年のときBetter Daysのメンバーを中心に結成されたサザンオールスターズがデビューし、1981年に原由子のソロデビュー時、そのバックバンドとしてサークルの後輩の中から宮田を含む数人が選ばれた。宮田は当時まだ学生だったが原のソロ・アルバム『はらゆうこが語るひととき』[1]でレコーディングデビューを果たす。その後サザンの全国ツアーの中で原のソロコーナーがあり、宮田もツアーメンバーとして同行した。 1981年12月11日~14
日、桑田佳祐が“嘉門雄三とVictor Wheels”を名乗り、渋谷Eggmanで行ったライブに参加[2]。以降しばらくはH2OやLady oh!等、アミューズ所属アーティストのバックを担当するようになる。 大学卒業後一度は就職するものの程なく退職し、とんねるずのコンサートのバッキングを務め[3]、その後Better Daysのサークル仲間だった高浪慶太郎と小西康陽を中心に結成されたピチカート・ファイヴのサポートを担当する。 1990年8月、オーディションでオリジナル・ラヴに参加、1993年12月末まで在籍。1994年秋、ほぼ同時期にオリジナル・ラヴを離籍した村山孝志、事務所のオーディションに合格した田仲玲子と共にファースト・インプレッションを結成。2枚のアルバムをリリース、1996年活動終了。 その後はドラマーとして多数のセッションに参加のほか、アレンジやプロデュースも数多く手がけるようになる。2008年からは“soft soul of illadelphia”のメンバーとして活動。 青山純の影響を受け、演奏時は左手のスティックをひっくり返して持つ。
宮田さんそれ以外にも作曲作詞編曲を沢山手がけてます。 DJでもあります。じつに手広いです。 いやーまいりました。 ギター近田潔人さん うーっ!!プロフィールがみつけられん。 倖田來未My Little Lover藤井フミヤ青山テルマさんとかのツアーに参加されていますねー。  musical directorとして参加されてます。いわゆるバンマスですね。 あっAKB48のアレンジとかもされています。 お若いのにすばらしいです。 しかも彼のHPはなかなかかわいいです。 チェケラ!! http://www.kondakiyoto.com/ そんリズムセクションにchihiroさんyuriさんそしてMissingLinkが参加します。 それにストリングスセクション (Vc)大沼深雪 (Vln)阿部美緒、丸山明子 (Vla)梶谷裕子 つまりバンドだけで15人。 なんて贅沢なんでしょう。 なかなか生のストリングスと一緒にやるチャンスなんて無いので、 グーンとやる気も上がります。 かなりリッチな気持ちになります。 今回も新曲が何曲か
加わりかなりステキな無いようになっとりますです。 詳しくはコチラをごらんくださいませ。 http://www.bluesalley.co.jp/schedule/live_body.html
[PR]
by yanagiman-com | 2009-07-15 10:40
<< 明日Blues Alleyにて... >>
Top